NEWS

コラム

ゲームプロデューサーはゲーム制作の統括が仕事!・・必須スキルや条件とは?

ゲームプロデューサーとは、ゲーム制作の統括をする職種です。
予算・人材確保・スケジュール管理・品質チェック・販売促進などにゲームプロデューサーが関わり、ゲーム制作を進めていきます。

ゲームプロデューサーの業務は幅広く、ゲームが売れるように制作管理をするのがゲームプロデューサーとしての役割です。
流行っているゲームについて市場調査し、今後どのようなジャンルのゲームを出すのかを決定します。
そして、制作スタッフの選定を行い、開発費を調達。ゲーム制作が始まったら、並行して宣伝活動など販売促進も行います。

それでは早速、必要なスキル・条件は何か見ていきましょう!

【ゲームのプロデューサーになるために必要なスキル・条件とは?】

ゲームプロデューサーの業務は多岐にわたるため、求められるスキル・条件も多くあります。

◇マネジメント能力
開発スケジュールが滞らないように、プロジェクト管理をするマネジメント能力は必要不可欠です。

◇問題解決能力
万が一、プロジェクトの進行中にトラブルが発生した場合には、迅速な対応が求められます。

◇コミュニケーション能力
一つのゲームを制作するために、ディレクターやシナリオライター、プログラマーやデザイナーなど様々な人が参加します。たくさんの人をまとめられるコミュニケーション力も重要です。

◇先見性
ゲームプロデューサーは、売れるゲーム作りを求められています。先を読み、どんなゲームが流行するか見極める力も必要です。

◇ゲーム制作の知識
ゲーム制作の必要最低限の知識がないと、ゲームプロデューサーは勤まりません。第一線のクリエイターほどは必要ないものの、ある程度は知っておくべきでしょう。

◇ゼネラリストの要素
一般的にはゲームディレクターから一歩前進してゲームプロデューサーになることが多いですが、他業種からの転職で未経験ながらゲームプロデューサーに起用される場合もあります。企業側は、専門的な技術ではなく、幅広い分野の知識や経験を持つゼネラリストとしての能力を評価して採用しているからです。
変化が激しい環境でも、常に情報のアンテナを張っていられるか、迅速にプロジェクトを推進できるかといったゼネラリストとしての要素も、ゲームプロデューサーには求められます。

以上となります。

ゲームプロデューサーになるためには、必要なスキルが数多くあります。必ずしもすべてを満たしていないといけない、というわけではありませんが、やはり企業側が求めるスキルは最低限身につけておきましょう。
スキルを磨けば、ゲームプロデューサーとして働けるチャンスも巡ってくるはずです。

ゲームプロデューサーの求人情報をお探しなら!人材紹介を行う株式会社インコネへ

人材紹介サービスの株式会社インコネでは、ゲームプロデューサーなど、様々な職種の求人情報をご提供しております。
転職を成功させたい、自分の好きな仕事ができる企業を見つけたいとお考えなら、インコネの人材紹介サービスをぜひご利用ください。

話を聞いてみたい、ゲーム業界のセミナー(無料)を受けてみたい、エントリーしてみたい等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
問い合わせはこちら>>https://inco.co.jp/contact/
※公式SNS・代表のTwitterからもお問い合わせは可能です!

~~~代表取締役について~~~
弊社代表は、サイバーステップ株式会社、NHN JAPAN株式会社、ヤフー株式会社などで
ゲーム業界に携わっておりました。
ゲーム業界には太いパイプがございますので、必ず適切な企業をご紹介いたします。
また、ゲーム業界での経験を活かした将来に向けたキャリプランのアドバイスにも定評がございます。
代表自身が国家資格であるキャリアコンサルタントを取得しており、面談やご紹介は代表含む
キャリアコンサルタントが責任をもって行います。

– – – – – – – – – – – – – – インコネ公式SNS – – – – – – – – – – – – – – – –
ホームページ⇒https://inco.co.jp
Twitter⇒https://twitter.com/incone_official?s=09
Instagram⇒https://www.instagram.com/incone_official
Facebook⇒https://facebook.com/incone.inc
LINE⇒https://lin.ee/HrkJq6X
会社情報や求人情報、役立つ情報も発信中です★